スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
簡単ガーデニング 3
2008年06月10日 (火) | 編集 |
     富山昌克先生の簡単ガーデニング その3



■ハーブ
【最強プランツ】   
・ローズマリー           ローズマリー
シソ科 ¥、マンネンロウ属、学名はRosmarinus officinalis 地中海沿岸地方の原産。
常緑性の低木  立性(茎が直立して伸びる)、半立性、ほふく性(地面に張るようにして伸びる)の3タイプが上げられます。 大変丈夫で特に世話をしなくてもどんどん育ちますので、垣根にも利用することができます。
・ミント
シソ科、ハッカ属、学名はMentha、地中海地方の原産。ミントの種類は約30種類ありますが、交雑種も多く、同定が難しいものもあります。 根茎で繁殖しますので、庭に植えつけると、どんどん広がり大変かも。 7号鉢に1株植えつけ、品種ごとに管理するほうがいいでしょう。 ペパーミント、スペアミント、アップルミント、オーデコロンミント、オレンジミント、カーリーミント、クールミント、パイナップルミント、ブラックペパーミント、ブラックミント、ペニーロイヤルミント、マウンテンミントなど。


【食べて美味しいプランツ】  ・ルッコラ(ロケット)   ルッコラ

アブラナ科、学名:Eruca vesicaria、地中海沿岸原産の1年草。 ちなみにルッコラはイタリア名でロケットは英名。ゴマ味が最高に美味しいです。 主にサラダとして葉を生食することが多いですが、おひたしや炒め物にも使用されます。 独特の辛み・苦味は加熱によって消えます。


・バジル      バジル

シソ科、メボウキ、学名 Ocimum basilicum、インド・中東原産。 スイートバジル、ブッシュバジル、紫色の葉を付けるダークオパールバジル、レモンのような香りのするレモンバジルなどがあります。 トマト料理によく合い、イタリア料理のよく利用されるハーブです。 黒いタネを水に浸すと乳白色のゼリー状の粘膜に包まれる特徴があります。このタネで目に入ったゴミを掃除したことから「メボウキ」という和名が付けられたそうです。 収穫時期:7月~10月

スポンサーサイト
テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。